FC2ブログ

スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フクロウとネコのビスケット

.21 2013 パッケージデザイン・食品 comment(0) trackback(-)
われらがファイターズ、今季はまさかの大苦戦。緊急事態です。
そこで友人達と作戦会議を開く事に。
(作戦会議=お菓子を食べつつ、テレビで野球観戦&井戸端会議)
ここで繰り広げられた会話は、巨人ファンにはとてもお聞かせできません。

そのかいあってか、ファイターズ連勝です。



それはそうと…

その時、お友達が持って来てくれた可愛いビスケット。

IMGP3917ac1.jpg

英国アーティザンビスケット社・TWO by TWO(ナチュラルバニラビスケット)。

パッケージのイラストがヨーロッパの絵本のようです。
しかも今をときめくフクロウとネコの組み合わせ!
このビスケット、ウサギとカメなど他の動物のバージョンもあって、
それぞれ伝統的な物語がモチーフとなっているようです。

もらったビスケットは、
英国の作家エドワード・リアの詩「ふくろうとねこ」が元になっています。
ふくろうとねこが船旅の末、たどり着いた島で結婚式を挙げるという内容。
(フクロウとネコの結婚って…)



IMGP3918acup.jpg

ビスケットは撮影する前に食べてしまいましたが、
パッケージ裏の写真とほぼ同じです。刻印がくっきり。
可愛い。こんなブローチがあったら欲しいです。

なぜか全8枚のうち、ネコが2枚フクロウが6枚でした。(4枚ずつじゃないのか?)
そういうところ、海外の物っておおざっぱおおらかですよね。

無添加で、すべて手作り。意外と大きいです。
バターたっぷりの生地に、ほどよく塩が効いていて、ザクザクした食感。
紅茶に良く合う、英国らしい味のビスケットですよ。


ちなみに、こちらリアの原画。

edward-lear.jpg



実は私、エドワード・リアは挿絵画家として大好きな作家で、
絵本も所有しています。

IMGP3919ed1.jpg


イラストを描く際、アイディアに行き詰まった時は、
よくリアの作品からインスピレーションをもらいました。

IMGP3920ed2.jpg

IMGP3921ad3.jpg

シュールでナンセンス。
リアって英国の子供達にとっては、なじみ深い作家なのでしょうか?




参考までに。
アーティザンのビスケットと言えば、MUDDY BEAR。(以前の記事より)

muddybear1.jpg

muddy2.jpg

アーティザンのビスケットは、可愛いけれど崩れやすいので、
取り扱いには要注意です。あと、カロリーにも。


関連記事
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。