FC2ブログ

スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「おかんアート」もしくは現代アート

.07 2013 comment(2) trackback(-)
貴重なアートブック(手芸本)を入手してしまいました。

IMGP3nug1.jpg

1972年出版の手芸本です。
全ページに渡って、おなかが痛くなるような仕様になっています。
(どれもこれも傑作ですが、刺激の強すぎる物は割愛させていただきます)



IMGP3nma4.jpg

まずは脱力系マスコット。(序の口です)



IMGP3kousagi.jpg

「ほっぺちゃんと子うさぎ」
どちらも、とても真似できないバランス。しかも、子うさぎ大きすぎ。
ほっぺちゃんのほっぺの位置…。
マイク・ケリーが見たら嫉妬したかも。
(マイク・ケリーはソニック・ユース「Dirty」のCDジャケでも知られる現代美術家)
この時代、顔にも服にも柄物の布使いが目立ちます。




IMGP33p.jpg

「なかよしトリオ」って…。どういう関係なのか?
なかよくするには困難なほどの大小差。
そして、目がやられるほどの強烈な色彩です。
青い人のポケットには、お菓子が入っているみたい。




IMGP3ig2.jpg

なんか怖い…。これ、明らかにイジメですよね。
背景の色と影。後ろの鏡も意味不明で、怖さばかりが目立ちます。
無茶苦茶な色使いも、常軌を逸した雰囲気作りに一役買っているようです。




IMGP3for.jpg

「ギターを持った少女」 (えっ、女の子だったんだ)
目がイっちゃってますね。これはギターの練習のしすぎですね。
(それとも、何かイケナイものでも摂取しましたか?)
両脇の動物(ねずみ?)の耳はどういった理由で
わざわざこんな面倒な造作にしたんだろう。特に右。


70年代ならではの、自由な発想で作られた個性的な作品ばかり。
中には、まったく何の動物かわからない物も。
私などには到底到達できない領域(聖域)です。



IMGP3ntori.jpg

とは言え、家にあるのはちょっと困るこれらのぬいぐるみ。
唯一これなら家にあってもいいかなぁ。ぎりぎり。
北欧雑貨のお店で、びっくりするような高値で売られていそうです。

関連記事
スポンサーサイト

uco
おなか痛い!
昨日寝る前に一度ここを見たのですが
あまりの衝撃にそっとPCを閉じました。
エキセントリックだと思っていた「まんべくん」が
かわいく見えてくる程です。
都築響一さんがほっておかないレベルですね。
このイジメられてる女の子、もしかして
裏側は笑顔で、それが鏡に映っているんでしょうか。
ますますこわいよう。
70年代に手芸をしていた奥さま方が
今のおかんアート界をささえているのかもしれませんね。
2013.05.09 01:24
チカコ
そっかー。ucoさんに言われるまで全然気付きませんでした。鏡の件。
今見たら、作り方のページに「両面人形」って書いてありましたよ。
そんな発想、全く無かったです。謎解けた。ありがとう。

実はこれ、ほんの一部。
まだまだきっつい人形が多数掲載されているんですよ。
ブログにアップしたのは可愛い方で、
見ても不快感しか残らないものもあります。
でも、どれもこれも無駄に手がこんでいるんですよね。
全部見せたくてうずうずしています。

お友達へのプレゼントに作ってあげて、困らせるのも良いかもしれませんね。
ucoさん、作る気あるなら本貸しますよ〜。

あ、画像取り込んでポストカード作ろうかな?(本気)
2013.05.09 16:18

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。