スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Variations of Pianoforte

.22 2013 映画・音楽 comment(0) trackback(-)
postcl.jpg

昨年末にリリースされた、ポストクラシカルの入門編とも言うべき
コンピレーションアルバム第3弾。(ピアノ編)

ゴンザレス、ダスティン・オハロラン、Akira Kosemuraなど
このシーンを代表するアーティスト10組を収録しています。

その中でも、特に中島ノブユキさんの「夏の懺悔」が心に残りました。

中島さんの事はこの作品で初めて知りましたが、
調べてみたら、
原田知世さんのアルバム参加や、
ジェーンバーキンとの共演、
最近では、NHK「八重の桜」の劇中音楽も担当されているようで、
今までも無意識のうちに聴いていた事がわかりました。

生田斗真さん主演の映画「人間失格」のサントラも手掛けられています。
テーマソングの「The Fallen Angel」が泣けるほど美しいので
映画の方も観てみたくなりました。
(生田斗真は太宰(葉蔵)のイメージと違う気がするけれど、
V6森田くんの中原中也っていうのもどうなんでしょうね)



   ↑
(写真は生田斗真さんです。中島ノブユキさんではありませんよ。念のため)


このコンピレーションシリーズ、
ポストクラシカルシーンをちょっと知ってみたいという人には
ちょうど良いアルバムですよ。1500円です。
(Amazonで全曲試聴できます)




関連記事
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。