スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静寂の音楽

.27 2013 映画・音楽 comment(0) trackback(-)
IMGP4700fa.jpg

天気が急変するので、写真を撮りそびれる事が多い今日この頃。
紅葉はすでに始まっています。




IMGP4704a.jpg

10月23日リリースの、
青葉市子さんの4thアルバム「0」を試聴しました。

青葉さんの音楽を聴くのは、今回が初めて…と思ったけれど、
どこかで耳にした事のある歌声。
無印良品やキューピーハーフ、ユニクロ…多数のCMや映画に、
楽曲と歌声を提供している方でした。


心地よい緊張感を伴う歌声に、すっかり魅了されてしまい、
一日中でも聴いていたいほど。
過去の楽曲も遡って、すべて聴いてみたいと思わせるアーティストに、
久しぶりに出会いました。



坂本龍一、小山田圭吾ら大物アーティストと共演もされていますが、
個人的には彼女のソロの方が好みです。
 





「ひかりのふるさと」2012年
スポンサーサイト

紅玉のファーブルトン

.22 2013 ホームメイド comment(0) trackback(-)
IMGP4684k.jpg

紅玉の季節になりました。
りんごを使ったお菓子作りには紅玉がベストですが、
札幌のスーパーでの遭遇率が低すぎるため、
ここ何年かは長野県から取り寄せています。

紅玉はボケやすく買い置きにはむきません。しかもお値段高め。
なので、ダメにならないうちに速攻でお菓子作りです。
これが忙しい時には、結構プレッシャーだったりします。
(それなら無理して買うなって話ですが…)





IMGP4693b.jpg

そこで、忙しい時でも簡単に作れるファーブルトンを。
ファーブルトンはフランス、ブルターニュ地方の伝統的なお菓子です。
卵、牛乳、砂糖、小麦粉、あとは好みの果実があればすぐに取りかかれます。

それらの材料を混ぜて、耐熱容器に入れて焼くだけ。
味も食感も、ほぼ焼きプリン。
(写真は一人分。南部鉄器のグラタン皿を使っています)

クックパッドから、バター無しのレシピで作ってみました。



秋の海2/マーマレード

.16 2013 パッケージデザイン・食品 comment(2) trackback(-)
IMGP4643l.jpg

石狩方面に用事があったので、ちょっと遠回りして石狩灯台を眺めてきました。
曇天の下、淋しげに佇む灯台を見るのが好きです。



IMGP4627s.jpg

いつも通りの緑がかった鈍色の海。
こんな荒れた天気の日でも釣り人はいるんですよね。
必ずと言っていいほど、犬を連れた人にも出会います。







IMGP4673m.jpg

「フルッタ・チェレスティーナ マーマレード」(イタリア)
最近繰り返し買っているマーマレードです。
秋の庭をバックに撮ってみました。
(うっかり撮影前に食べてしまい、失敗)

これが、安いのに(ここ重要)美味しいんですよ。
オレンジと砂糖のみで作られているので、とてもピュアな味です。
ペクチン不使用。ユルめなのでヨーグルトやパンケーキに。




IMGP4674mc.jpg

キャップの深いグリーンと、ラベルのイラストが更に美味しさを引き立てます。

カルディで、なんと340円(!)


秋の海・秋のチョコ

.11 2013 パッケージデザイン・食品 comment(2) trackback(-)
IMGP4664sh.jpg

急に時間ができたので、久しぶりに小樽の海を見てきました。
天気も良好。平日なので人気もまばらです。



IMGP4665shu.jpg

いつも石狩浜のモスグリーンの海を見ているので、
深いブルーが新鮮。祝津の海。
この場所は、誰が撮っても成功する絶景ポイントです。


修学旅行の女子高生が数名、感動のあまり絶叫していましたよ。
まるで、初めて海を見た子供のように。



海に行く途中…

IMGP4648o.jpg

横を走っている車のワンちゃん、身を乗り出し過ぎです。
(ドアミラーに、しっかり腕を掛けている)
耳をひらひらさせて、とっても嬉しそうだけど、結構危険。







今年もこの季節は、ロイズ・アルザスフェアが開催中。

IMGP4611r.jpg

去年買いそびれたプラリネショコラ「アルザシエンヌ」を頂きました。

(なぜ、フランスなのにドイツ風のパッケージかというと、
アルザス地方はフランス北東部。ドイツに隣接するため、
風景・街並が、ドイツと似ているからです)



IMGP4612r2.jpg

チョコの中身は、
左半分が「ポム」。シナモンとりんご(王道の組み合わせ)。
右半分は「グリオット」キルシュに漬け込んだ、ダークチェリー。


ロイズのチョコは良い意味で庶民的。
気取ったところが無く、おおらかな美味しさなんですよね。
(期間限定11月11日まで)

同時期、マロンフェアも開催中。食べ過ぎ注意です。


手帳の季節

.07 2013 文房具 comment(2) trackback(-)
毎日きちんと手帳をつける習慣ができれば、
日々の怠惰な生活を改められるような気がして、
毎年この季節になると、お店の手帳コーナーで吟味しまくります。


IMGP462ho5.jpg

過去に何度か使ってみたものの、挫折しっぱなしの「ほぼ日手帳」。
「ほぼ空白手帳」になってしまっています。
優秀な手帳である事には間違いないんですけどね。
私には向いていないみたい。重いのもネックです。




IMGP4620m.jpg

今年はもっと自由に書きたいという思いから、
「無印良品」の再生紙ダブルリングノート・無地 をカスタマイズ。
しかしながら、自由すぎて自分を甘やかしてしまいました。結局、空白ページ量産。
紙の色が生成りなので、絵を描いた時に発色が悪いのも気になります。


スケジュールもちゃんと書けて、紙が純白で無罫が理想です。
カスタムしやすく、スケッチにも適した素材。リングノートである事。
軽さも重要。そして、日本製という条件。



IMGP4614s.jpg

サイズや価格も考え抜いた末、今回はこちらで試してみる事に。
ミドリ「北国シロクマノート」と無印良品「スケジュールノート」の併用。

ミドリのこのシリーズ、他にはクラフト紙のラクダノート、
ポケットのあるカンガルーノート等、数種類のラインナップがあり、どれも魅力的。

定番商品なので、いつでも買い足せるところも助かります。




IMGP4615p.jpg

ひかえめな、エンボス加工がニクい。






帽子をかぶったワイン・PONYのグラス

.03 2013 雑貨 comment(2) trackback(-)
IMGP4591w1.jpg

地中海クルーズから戻った叔母(全然セレブではない)からの土産物。
スペインの、帽子をかぶったワインです。
スペインと言えば、闘牛、フラメンコ。
この、ベタなスーベニア感がたまりません。
(ところでこれ、何の帽子?)



IMGP45952c.jpg

ボトルにぶら下がっているのは、
ミニチュアのフラメンコ用カスタネット。
いかにも観光土産という感じ。可愛い。



そして、

IMGP4596c.jpg

「旅の途中でカビがはえちゃったのかも」と、不安気に渡されたチーズ。
 (…おばさん、それは違います)

一般的なブルーチーズほどクセが無く、食べやすい青カビ入りのチーズでした。



IMGP4600po.jpg

ワインを飲む時は、このPONYのグラスで。
本来は何用のグラスかはわかりませんが、形、大きさともに気に入っています。
かなり前にプレゼントしてもらった、英国のヴィンテージ。
元々は、ドリンクメーカーのノベルティでしょうか。
50〜60年代に、販促用に配られていた物ではないかと、勝手に推理します。



IMGP4602pony.jpg

「水曜どうでしょう」を観ながら飲んでいるうちに、
爆睡してしまって意識不明となる。


 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。