スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリスの自然おやつ

.31 2013 ホームメイド comment(0) trackback(-)
私がお菓子のレシピ本を買うときのポイントは、
簡単で低カロリー。そして写真に雰囲気がある事です。
この本は、そのすべてを満たしています。

englandS1.jpg

「オーガニックなティータイム イギリスの自然おやつ
                 /  オズボーン未奈子」

基本的に、卵、バター、牛乳は使いませんが、
オーガニックといっても、そんなに厳格なものではありません。
(牛乳→豆乳  バター→植物油 で代用)


englandSu.jpg

紅茶によく合う、イギリスらしい素朴な焼き菓子が中心。


レシピは甘さのあるものと無いもの、大きく2つに分かれています。

englandS2.jpg

「りんごのタフィープディング」
紅玉が手に入る季節になったら、ぜひ作りたいです。
熱々を食べます。


englandS3.jpg

甘くないタイプ。「チェダーチーズビスケット」


englandSS.jpg

おしゃれなサンドイッチやパンケーキのレシピもありますよ。
もちろんスコーンも。


englandSC.jpg

著者のオズボーンさん自身が撮影した写真が素敵なんです。

イギリスならではの、お菓子のエピソードを読むのも楽しいですよ。

憧れますよね。イギリス。



レシピの中から、
「コーニッシュフェアリング」を作ってみました。
コーンウォール地方のお菓子です。すごく簡単!

cornish.jpg

…草加せんべいのような見た目。レシピの写真と違う…。
スパイスが効いていて、思いっきり英国味のビスケットなんだけどなぁ。
(道産小麦粉を使用したせいで、生地が水っぽくなったためと思われます)

全レシピ英訳付き。
(私には必要ないですけどね)

スポンサーサイト

ポンデライオンとコーヒー豆

.28 2013 パッケージデザイン・食品 comment(0) trackback(-)
日増しに、ポンデライオンに対して愛情が深まっています。

ponde10th1.jpg

広告で見て、これは買ってみなければと思っていました。
ポンデリング10周年記念限定商品です。

左のショコラは、アフロみたいでファンキーですよね。

ponde10th2.jpg

あらっ…。 こんな風になっていたとは。



最近、ミスドはスヌーピーをメインキャラクターにしているようですが、
もっとオリジナルキャラクターを大切にして欲しいです。

ponde10th3.jpg

ポンデライオンと仲間たち。みんな可愛いー。
マフィンガメ(左、木の下)が一人で平均年齢を上げているようですね。


頭の中がドーナッツとコーヒーの事でいっぱいになっていたせいか、
帰りに古本屋で思わずジャケ(表紙)買いしました。
ポンデライオン色の本。

colorfulC.jpg

「カラーひよことコーヒー豆 /小川洋子」

タイトルも装丁もツボです。
見返し部分はコーヒー豆の柄なんですよ。

家に帰ってから知ったのですが、
装丁とイラストは寺田順三さんでした。
小川さんの本なので、内容も間違いないと確信しています。


イッタラの紙袋で、エコ(じゃない)封筒作り

.26 2013 手芸・工作 comment(2) trackback(-)
クリスマスに、友達がiittala(ARABIA)の食器をプレゼントしてくれました。
その際に添えられていたショップの紙袋がこれです。
      ↓
iittala1.jpg

iittalaのTAIKA(タイカ)シリーズのデザイン。
「TAIKA」とはフィンランド語で「魔法」という意味です。

神秘の森に迷い込んでしまったような、
幻想的なイラストレーションを手掛けたのは、
フィンランドのアーティスト、クラウス・ハーパニエミ。
今、ファッション・雑貨業界で大変注目されています。
ちなみにマスキングテープは3巻セット(限定)で1890円(!)

で、そちらのマステは買えなかったので、
このステキ紙袋で封筒を作ってみる事にしました。


envelopT.jpg

左は洋形、右は長形。それぞれ4サイズの封筒を作る事ができます。
エコ封筒を作るのにはとても便利なツールですが、
このテンプレートを買っている事自体、エコではありません。


iittalaall.jpg

しかも、こんな素敵な紙袋を切る事などできないので、
コピーして作っています。(ますますエコじゃない)量産。


iittala2.jpg

上は長型のテンプレートを使って少しアレンジ。横形に。
下は洋形2号。はがきの入るサイズ。
ミミズクが不気味で可愛いです。


iittala3.jpg

こちらはポチ袋サイズです。
テンプレートが無くても作れるけれど、
あると封筒作りのモチベーションが上がりますよ。


個人的には、ハーパニエミにはsleepy.abのCDジャケットを
デザインして欲しいなぁと、思っています。


Variations of Pianoforte

.22 2013 映画・音楽 comment(0) trackback(-)
postcl.jpg

昨年末にリリースされた、ポストクラシカルの入門編とも言うべき
コンピレーションアルバム第3弾。(ピアノ編)

ゴンザレス、ダスティン・オハロラン、Akira Kosemuraなど
このシーンを代表するアーティスト10組を収録しています。

その中でも、特に中島ノブユキさんの「夏の懺悔」が心に残りました。

中島さんの事はこの作品で初めて知りましたが、
調べてみたら、
原田知世さんのアルバム参加や、
ジェーンバーキンとの共演、
最近では、NHK「八重の桜」の劇中音楽も担当されているようで、
今までも無意識のうちに聴いていた事がわかりました。

生田斗真さん主演の映画「人間失格」のサントラも手掛けられています。
テーマソングの「The Fallen Angel」が泣けるほど美しいので
映画の方も観てみたくなりました。
(生田斗真は太宰(葉蔵)のイメージと違う気がするけれど、
V6森田くんの中原中也っていうのもどうなんでしょうね)



   ↑
(写真は生田斗真さんです。中島ノブユキさんではありませんよ。念のため)


このコンピレーションシリーズ、
ポストクラシカルシーンをちょっと知ってみたいという人には
ちょうど良いアルバムですよ。1500円です。
(Amazonで全曲試聴できます)




RYU-RYU×AVRIL

.21 2013 雑貨 comment(0) trackback(-)
ryuryu1.jpg

いつものように文房具店でうろうろしていたら、ふと、目に止まりました。
雑貨メーカーRYU-RYUとオリジナル糸のAVRILのコラボ商品です。
アクセサリー作りやラッピングなど使い方は様々ですが、
眺めているだけでも嬉しくなってしまう美しい糸。

かなりの種類がある中から、私が選んだのはこの2つです。(保守的)
他には、ふわふわキラキラした独創的な糸がたくさんありましたよ。

ryuryu2.jpg

とても丁寧に紡がれていて、
配色にも材質にも、強いこだわりが感じられます。

(AVRIL(アヴリル)は京都にあるオリジナル糸の専門店。
糸の種類は約300種・1200色にもなるという事です。
京都三条店の壁一面に並ぶ糸を、実際に見てみたいです)

特に寒色系の糸が気に入ったので、
友達からのプレゼントの、ミニマグオーナメントにつけてみました。

minimugu2.jpg

一気に北欧度が高まりました!


minimug1.jpg

クリスマス仕様で、
元々は白いサテンのリボンがついていました。
裏側はムーミンパパです。


minimuguE.jpg

それにしてもこのミイのイラスト、可愛いにもほどがあります。



その後100均で…。

tricocord.jpg

もちろんアヴリルの糸とは比べ物になりませんが、
以前は輸入雑貨店か専門店でしか見なかったような糸が売られていました。
10mで100円! がんばってますよね、セリアも。

マウンテン・ダディー

.17 2013 パッケージデザイン・食品 comment(2) trackback(-)
千秋庵は北海道を代表するお菓子メーカーですが、
最近は、六花亭、柳月、ロイズなどに若干押され気味。
お菓子自体はそれぞれ美味しさが違うので、単純に比べる事はできませんが、
パッケージのつっこみどころの多さや意表をつくネーミングで、
一番楽しませてくれるのが千秋庵です。

MD1s.jpg

「マウンテン・ダディー」
銘菓せんべい「山親爺」のチョコレート版。(直訳)
パッケージは、水墨画とパイプをくわえたクマの取り合わせ。斬新。

MD2s.jpg

「チョコにブルーベリーが内蔵されています」と書かれているように、
クマの内臓かと思うくらい、ドライブルーベリーがぎっしりと詰まっています。
チョコよりブルーベリーの比率が高い。私はかなり好みです。

MD3up.jpg

バレンタインにどうですか?
5頭で745円です。



妙にあかぬけないデザインがかえって愛おしいお菓子たち。

senshuan1.jpg

パッケージに書かれたもっともらしいコメントを読むのも楽しい。
バテレン(宣教師)風味…お菓子名も独特です。

sennshuann3.jpg

「パン食の一例」って…。いつの時代の写真でしょうか?
安易にパッケージをリニューアルしないところがいいですよね。


senshuan2.jpg

これ可愛いですよね。「カスティラクッキー」

そして一番好きなパッケージは、やっぱりこれです。
以前の記事でも取りあげた小熊のプーチャン バター飴。

pu-.jpg


きのこ絵

.15 2013 comment(2) trackback(-)
kinokoe1.jpg

18〜20世紀のヨーロッパ、日本の生物学者によって制作された
きのこの図譜集です。
ボタニカルアートからファーブル、南方熊楠など
かなりの総数の貴重な作品とコラムを収録しています。(全240ページ)

まずこの表紙。深紅の地に箔押し。
古い児童書のような装丁に目が釘付けです。



どのページを開いてもうっとりするような「きのこ絵」の数々。
その中でも特に惹かれたのが、冒頭を飾る「ポーレットの菌類図譜」。

kinokoein3.jpg

kinokoein2.jpg

kinokoein1.jpg

主にリトグラフ、エッチングに手彩色です。
実物の図版はもっと美しいんですけどね。
部屋が暗くて伝えきれません。
(ポーレットは医師で菌類学者。で、この画力!)


kinokoeinD.jpg

「イタリア北部リミニ周辺の野生菌類の研究」
作者はG.B.バッタラ。医師で菌類学者で聖職者。
多分銅版画ですね。ちょっとグロテスク。


kinokoeinN.jpg

こちらはファーブル。700点もの菌類図を制作しています。
興味は昆虫だけじゃなかったんですね。水彩(独学)で描かれています。


nihonnokinrui.jpg

日本の菌類図譜は小さな綴じ込み本の体裁で。


妖しく美しくミステリアスなきのこ絵。
眺めていると時間を忘れます。
これはもう図鑑ではなく画集ですね。
すべてのページを紹介したいくらいです。




こちらも購入を検討中。
   ↓
namekozukan.jpg

(菌類学者の図譜といっしょにしていいのか !?)



ユキヒョウケーキ

.11 2013 パッケージデザイン・食品 comment(0) trackback(-)
sean2013Sk.jpg

舞台のセットのような風景です。
空は青すぎるし、雲も嘘っぽい。
こんな日は特に冷えるんですよね。


例の、円山動物園・動物にエサを寄付できるシリーズ(勝手に命名)です。
「寄付といっても1円だけどね」って動物に言われてそうですが。

yukihyou1.jpg

今回はユキヒョウケーキ。
レンコンではありませんよ。ユキヒョウ柄。


yukihyou2.jpg

何気にモダンでおしゃれじゃないですか?
中のクリームがきつい。半分食べた時点で胸やけが…。若い人向けですね。





本日のおまけ。

calpis.jpg

カルピスの合格祈願ストラップです。もちろんカルピスのおまけ。
「受カルピ〜ス」って…。 オヤジギャグですか?
くだらなすぎて御利益があるとは思えませんが、
かわいいので良しとしましょう。
裏には「合格祈願」の文字が書かれています。

(カルピスの、このランダムなドットのパッケージが好きです。
デザインは、クールミントガムの佐藤卓デザイン事務所)


ついでにこちらも。
volvic(ボルヴィック)のおまけのル・クルーゼ コレクション。

lecreset.jpg

クリップやマグネットが、色違いで全8種です。



図書館とチョコレート

.09 2013 パッケージデザイン・食品 comment(0) trackback(-)
家の近くにも図書館はありますが、いつもそこへは行かずに、
遠くても、広くて開放的な石狩図書館を利用しています。
(札幌市民でも本を借りる事ができます)

fairT1.jpg

困った事に今年の1月から、その石狩図書館で、
フェアトレードのチョコレートを扱う事に…。
なぜ困っているかと言うと、
私はこのチョコレートが大好物だからです。

今まではそれなりのお店に行くか、通販で買うしかなかったのに、
これからはいつでも買えるようになりました。
図書館に行くたびにチョコを買ってしまう予感しかしません。

今回は11種類の中から4種選びました。(本を選ぶより真剣)
パッケージのイラストもかわいいですよね。
秋冬限定です。


図書館に行く途中、凍った茨戸川の氷上で遊ぶキタキツネを目撃。
とても美しい光景だったのですが、
車で走行中だったので撮影ができませんでした。

代わりというのも何ですが、こちらのキツネを…

donbei.jpg

カップ麺のふたが、ペラッとめくれないように押さえるための物です。
ハチマキには「アシストいのち」と書いてあります。けなげ…。
先月、ローソンで見つけました。

日清の「どん兵衛」2個でもらえるというので無理やり購入。
ざぶとんは、赤か緑を選べます。
(注・たぬきバージョンはありません)



ムーミンママのパンケーキ

.08 2013 ホームメイド comment(2) trackback(-)
pancake1.jpg

NHK「グレーテルのかまど」のレシピで、
ムーミンママのパンケーキを作ってみました。

材料は、小麦粉・卵・牛乳・砂糖・塩。
それらを混ぜて耐熱容器に入れ、オーブンで焼くだけ。
ものすごく簡単なのに、とっても美味しいです。

詳しい作り方は番組ホームページで。

甘さはほとんど感じられないので、
フルーツソースは必須です。

blackb.jpg

番組では3種のベリーで作っていましたが、
私は、家の庭で収穫したブラックベリーのソースでいただきました。

(市販のジャムやメープルシロップでも、十分おいしいと思います)



pancake2.jpg

温かいうちはふわふわで、冷めたらもっちりな食感。
プリンとクラフティの中間のような感じです。




<ボツ写真>

pancakeS.jpg

スティンキーと絡めて撮ったら、
思いのほか不潔な雰囲気になり却下。

はちのすけ 消しゴムはんこ

.06 2013 手芸・工作 comment(4) trackback(-)
20130ha.jpg

新春・彫り初めは、「はちのすけ」の消しゴムはんこです。
(といっても、私ではなくアヤ先輩が彫りました)

はちのすけは、はちみつりんご(きんかん)のど飴のキャラクター。
パッケージのイラストを60%縮小して製作。
高さ、約3.5cmです。



2013hachi.jpg

市販のスタンプと合わせて便せんに。(クラフト紙)



2013na.jpg

こちらはなめこの消しゴムはんこ。消印風。
500円玉程度の大きさです。


インチキスティンキー

.01 2013 雑貨 comment(0) trackback(-)
明けましておめでとうございます

IMGP201311.jpg

年末に、「セール」という魔法にかかって、
つい買ってしまったスティンキーの温度計。
いつ見ても、家にあるデジタル温度計と数値が違います。湿度も。
さすがスティンキー、やる事がインチキでデタラメですね。



こんな感じで今年も、
さほど重要じゃない事を中心に更新していきますので
よろしくお願いします。



 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。