スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニセコ 森のカフェフェス

.30 2012 お店 comment(0) trackback(-)
moricafe1.jpg
6月の北海道とは思えない暑さの中、
ニセコで開催された、「森のカフェフェス」に行ってきました。
カフェと音楽のお祭りです。52のお店と9組のアーティスト。

moricafe2.jpg
とにかく、森なんです。
駐車場から会場までの道のりは、ちょっとした登山遠足です。

moricafe3.jpg
なかなかたどり着きません。炎天下。

moricafe4.jpg
まだ森の中です。
膝がガクガクします。そろそろ脇腹が痛いです。

youtei.jpg
やっと会場に着きました。遠くに見えるのは羊蹄山。

私の場合、このイベントの一番の目的は、
原田知世さんと、sleepy.ab(成山内)のLIVEを観る事。

知世さん。容姿も歌声も透き通るように美しく、
とても人間とは思えませんでした。
多分、妖精さんなんだと思います。

もちろん、sleepy.abも良かったですよ。
灼熱の会場で、体感温度を5度ぐらい下げてくれました。
彼らの眠りの魔法にかかったのか、
となりのシートの人が爆睡していました。


moricafe6.jpg
カフェとマルシェのエリアは予想通りの混雑。長蛇の列。
カフェの出店が、もっと多ければいいのに。
すぐに売り切れてしまったパン屋さんもあり、残念。

MORIHIKOさんのお店から、
コーヒーのとても良い香りがしてクラクラしましたが、
せっかくニセコに来たので、地元の高野珈琲店の
コーヒーとスコーンをいただきました。

あとは、目当ての「豆灯」のコーヒー豆と、
「sanchos」のジャムを買って帰路に着きました。

moricafe7.jpg
帰りの駐車場への案内板が無く、
道に迷い、危うくゴルフ場を一周するところでした。
(私だけではないはず)


スポンサーサイト

mt for kids

.28 2012 文房具 comment(0) trackback(-)
自分でも、どうかしているんじゃないかって思うほど、
マスキング・テープが好きです。
所有数は、恥ずかしくて、ちょっと人には言えません。

mtforkids1.jpg
ついに、子供の領域にまで手を出しています。
「mt for kids」子供のためのマスキング・テープ。

mtforkids2.jpg
絵本のような小箱を開けると、3種のテープ。
1巻の長さは、通常のテープの3分の1。

mtforkids4.jpg
昔の絵本の印刷のような、レトロな色合い。
これって、子供喜ぶのかなぁ。
ちなみに私は大喜びです。昭和の子供用か。


もちろん新作のチェックも怠りません。
秋にはmina perhonen(ミナ・ペルホネン)↓ が14種も発売!
mina.jpg
とりあえず、「ちょうちょ」は買うと思います。



kouhaku.jpg
中川政七商店の紅白テープは、
お祝いごとに使えそうだと思って購入しましたが、
なかなか、おめでたい事がありません。



カルルとふしぎな塔

.27 2012 雑貨 comment(0) trackback(-)
KARL2.jpg

先月、札幌パルコで開催された
「カルルとふしぎな塔 寺田順三の世界展」。
スケッチや原画を見るのが目的で行きましたが
グッズ販売がメインの展示会でした。
カルルには特に思い入れは無いし、見るだけと思ったけれど、
気づいたら汗だくでグッズを物色。
カルルの可愛らしさと、独特の世界観に
すっかりやられてしまいました。

アニメも初めて観てみました。(幼児向け)
まず何といっても、塔のデザインが素敵なんです。
アニメキャラクターだけではなく、背景の美術や小物等、
デザインの細かなところまで寺田さんが関わっています。

劇中で流れる、アコーディオンのノスタルジックな音楽が
世界観にぴったりです。主題歌の演奏はパスカルズ。


ema.jpg
右下、e-maのど飴のカルルバージョン。
他に、チロルチョコやラムネなども。どれもパッケージが可愛い。

karl3.jpg
非売品のシールやバッジをもらい、いい歳して大はしゃぎ。


NO MUSIC, NO LIFE

.26 2012 文房具 comment(0) trackback(-)
towerreco.jpg

タワーレコーズのオリジナル付箋。
パッケージ好きで、小さいモノ好きの自分としては、
付箋自体よりも、タワレコのお買い物袋をミニチュア化したケースがツボです。 
最近はネットでCDを買う事がほとんどなので、
タワレコで文房具を売っているなんて、全然知りませんでした。
中の付箋は、ロゴと、NO MUSIC,NO LIFEの文字入り。¥290
(横でぼんやりしているのは、スピッツ星人)



<参考>
memories.jpg
「メモリーズ/スピッツ」2000年のシングルジャケット。
イラストは、本秀康さん。(レコスケくん)




かわいい羊毛フェルトの本

.24 2012 comment(0) trackback(-)
youmoubookJPG.jpg

「羊毛フェルトの ちいさくてかわいい動物たち/poppet」
数ある羊毛フェルトの本の中でも、断然自分好みです。

チェコやロシアの、絵本や人形劇をイメージしたとされる作品は、
動物達の物憂げな表情、渋めの色合いが魅力的。
羊毛に、ツイードなどのウールの生地や
毛糸を組み合わせているところも
他ではあまり見られないアイデアです。

どの作品も3~5cmと小さいので、
すぐに取り掛かりたい気持ちになります。

roba.jpg
表紙のふくろうとロバは、いずれ作ってみたいです。

ashika.jpg
裏表紙の白熊は簡単そう。
でも、小さい物ほど作るのが難しいんですよね。

スタイリングは、大橋利枝子さん。



トラピストクッキー

.23 2012 パッケージデザイン・食品 comment(0) trackback(-)
trappistbox.jpg

いまさらという感じですが、
函館のトラピスト修道院の、修道士が作っているクッキー。
北海道土産のイメージが強いけれど、
普段のおやつとして、昔からよく食べています。

3種類あるパッケージの中で、一番安い二色刷りの紙箱が好き。
デザインがストイックすぎて痺れます。
同じデザインで、ブリキの缶も作って欲しい。
 

trappist2.jpg
修道院自家製の発酵バターと、バターミルクを使用。
薄くて軽く、口に入れたとたんに溶けていきす。
味も、クッキーのデザインも昔のまま。
明治時代から作っていたんですね。


trappist3.jpg
修道院のモノクロ写真がプリントされた缶もあります。
(この缶、子供の頃どこの家でも見かけました)


ファイターズ弁当 2012

.21 2012 ファイターズ comment(2) trackback(-)
年に一度だけ、Hotto Mottoのファイターズ弁当を買います。
当然、北海道限定です。
おまけの選手ストラップは、全10種。
今年は中田翔が当たりました。(昨年は稲葉)



fighters6.jpg
なんか、物騒な雰囲気…。バット持ってるし。
夜、電球の下での撮影と、背景の黒板が良くなかったのかも。
これはいけません。イメージダウンになってしまいます。




f416.jpg
翌朝、背景も変えて撮り直し。爽やかさ強調。
応援に駆けつけたのは、ジャパネットたかたではなく稲葉選手です。


菓子工房 あん

.20 2012 お店 comment(0) trackback(-)
an.jpg

季節のタルトとフランス古典菓子のお店です。
一般住宅に紛れて、わかりづらい感じで営業していますが、
マニアックな、こだわりのケーキ店。
お菓子はどれも茶系で素朴な見た目ながら、
家庭では絶対真似のできない味なのです。


右は「ガトー・バスク」。バスク地方の伝統的なケーキです。
中は、カスタードクリームがたっぷり。

左の亀の甲羅のようなパイケーキは「コンベルサシオン」
フランス語で「会話」という意味だそうです。
中は洋梨とクレームダマンド。
甲羅みたい部分はどうやって作っているんだろう。

どれも手のかかっているお菓子ばかりなのに、
すべて、女性のシェフ一人で作っているのにも驚きます。
個人的に札幌でNo.1のケーキ店。


「菓子工房 あん」
札幌市北区新琴似11条9丁目3-2 月火水・休み
(全国発送有り)


pedro the lion

.19 2012 映画・音楽 comment(0) trackback(-)
pedro.jpg

3~4年前の曇天の日、
北海道神宮近くの「wake cafe 」でご飯を食べていたら、
とっても自分好みな音楽が流れていたので
思い切って、お店の方にアーティスト名を尋ねてみました。

「ペドロ・ザ・ライオン」。デビッド・バザンのソロユニットです。

やる気の起きない朝に聴くと、一日を台無しにしてしまうような
どんよりした、ちょっとヘタクソな脱力系ボーカルです。でもポップ。
(最近は歌い方を変えたみたいですが…)

いつも「ペドロ・ザ・ライオン」の名がなかなか出てこなくて
その度に「ポンデライオン」を思い出してしまいます。


lion.jpg
「ポンデライオン」は関係ない。



※「wake cafe」 ご飯もデザートもコーヒーもとても美味しいです。
 流れている音楽も。


CLOVER CREST HONEY

.17 2012 パッケージデザイン・食品 comment(0) trackback(-)
1honey.jpg

このはちみつを置いていたお店が、近所のスーパーから撤退してから
しばらく存在を忘れていました。
久しぶりに再会した「クローバー・クレスト・ハニー」は、
デザインはそのままに、フタの色が赤から白に変わっていました。


canadianh.jpg
白いフタもすっきりして、さわやかでいい感じ。
パッケージから美味しさが伝わってくるようです。
漫画「ハチミツとクローバー」のイメージ。(私の勝手なイメージです)


canadahoney.jpg
おいしそう。いや、実際に悶絶するほど美味しいです。
とろとろでクリーミー。そして爽やかな味わい。
454gもあるのに一気食いできそうで怖い。

素敵パッケージ

.16 2012 パッケージデザイン・食品 comment(0) trackback(0)
snack.jpg
「ガルバンスナック」 ノンフライひよこ豆。
店頭で見つけて即買いです。
どうやら自分は、パターン化された形状の動物モチーフに弱いらしいです。
生気の感じられない瞳が、お祭りの「カラーひよこ」を思い起こさせます。
今は「カラーひよこ」なんて売っていないんでしょうね。
(只今、北海道神宮祭真っ盛り)

黄色のひよこは、うす塩あじ。
黒のひよこは、ブラックペッパー。




gum.jpg
今更言うまでもなく誰もが知っている、
佐藤卓さんデザインの名作、クールミント・グリーンガム。
見ているだけで清涼感に包まれます。
中の包み紙も種類がいろいろあって、おしゃれで可愛いんです。

gumcool.jpg
ガムの包み紙で作った缶バッジ。


どせいさん 羊毛フェルト

.14 2012 手芸・工作 comment(2) trackback(0)
dosei2.jpg
羊毛フェルトの技術を少し覚えたので、
MOTHERの「どせいさん」を作ってみました。
思ったより難しくて、投げ出しそうになりながらもなんとか完成。


doseiup.jpg
はだ色の羊毛が無かったため、
薄いピンクと黄色を混ぜて作ったので妙な顔色に…。まだら。

そもそも、どせいさんって何ものなんでしょうね。
なんとも不可解で、それゆえに可愛い。


作業中、久しぶりにMOTHERのサントラを聴きました
motherdisk.jpg
ゲームのサントラと言っても、ゲームの世界観そのままに、
日常的にBGMとして聴けるアレンジになっています。
シンプルな電子音とアコースティックな音の組み合わせが心地良い。
栗コーダーのメンバーも参加しています。

MOTHER2の名曲「エイトメロディーズ」は、
ファイターズの今浪選手の応援歌に使われています。
打席に入った時は注意して聴いてみてくださいね。
(まずその前に、今浪選手は一軍に上がらなければ…)



WWF パンダ・マスコット

.12 2012 雑貨 comment(0) trackback(0)
wwf1.jpg
久しぶりに、自分の中のガチャポン禁止令を破ってしまいました。
WWF(環境保全団体)のパンダマスコットです。

ストラップ以外の物が欲しかったのに、
しっかりストラップを当ててしまうあたり、さすが自分。
(他に、ペーパーウエイト、カードスタンドがあります)


panda.jpg
震災復興支援商品で、収益の一部は義援金になるそうです。



shinnchou.jpg
こちらは、新潮文庫のパンダ。



Plantation

.11 2012 お店 comment(0) trackback(0)
kuruma.jpg
カフェとは思えない倉庫のような殺風景な建物に入ると、
突然、目の醒めるようなオレンジ色のシトロエン。
森彦4号店「プランテーション」の入口です。

sept.jpg
ディスプレイも、いちいちかっこいい。

pltennai.jpg
大きな焙煎機から伸びる太いパイプ。
剥き出しの赤茶色の鉄骨。
店内はインダストリアルな雰囲気に溢れています。

音楽はjazzが流れていましたが、
この空間ならアンビエントミュージックか
シューゲイザーでお願いしたいところです。

コーヒーがおいしい事は、言うまでもありません。

plate.jpg
「Plantation」札幌市白石区菊水8条2丁目1-32


アトリエ・モリヒコ

.07 2012 お店 comment(0) trackback(0)
birthday.jpg
誕生月ということで、アトリエ・モリヒコさんより
バースデイブレンドのコーヒー豆と、
マリピエールのメレンゲのお菓子をいただきました。

北欧の小人も喜んでいるようです。


Imorihikono1.jpg
誕生日にはまだ早いけれど、早速お菓子をいただきました。

家で飲むコーヒーは、もう何年も森彦のNo.1ブレンド。
深煎りで濃いのに、口当たりが柔らかくすっきりした後味です。

(そういえば昨日は佑ちゃんの誕生日でした。本人の言うように、
最強の24歳になって欲しいですね。ファイターズのためにも)






札幌市内に数店舗あるカフェ・森彦の中で、
一番ナチュラルなのが、2号店のアトリエ・モリヒコ。
morihikolight.jpg
適度な古さのアンティーク。
中央テーブルの、斬新なフラワーアレンジメントを見るのが楽しみです。

kanban.jpg
「ATELIER Morihiko」
札幌市中央区南1条西12丁目4-182 不定休

もけもけチェブラーシカ

.05 2012 手芸・工作 comment(0) trackback(0)
季節は夏になろうとしているのに、
何を思ったか、羊毛フェルトにハマろうとしています。

初めてで道具も知識も無いので、
とりあえず「もけもけチェブラーシカ」のキットを買ってみました。
(専用ニードル付き)

hands.jpg
原毛を丸め、
ニードルでザクザク刺しながら形を作っていきます。楽しすぎ。
手芸というより工芸。彫塑のような感じです。

何度も指先に針を刺し絶叫。


parts.jpg
テレビで野球を観ながら、あっという間にパーツの出来上がり。
意外と簡単。
 
(ファイターズが逆転されているのにも気づかないほどの集中力)

でも、簡単なのはここまででした。
とにかく顔が難しい。全然チェブに似てくれないのです。
(ひょっとこづらになりがち)

試行錯誤を繰り返し…



chebuinh.jpg
やっとチェブらしくなりました。
(爪の部分は、極細の革ひもを刺しています)



cheb3.jpg
完成!

キットに入っていた目のパーツをそのまま使いました。
目はもう少し大きい方が、チェブっぽいですよね。


<追記>
この後、ハマナカのニードルを買いました。
キットに付属していたニードルがダメなわけではありませんが、
仕上がりや刺し心地が全然違います。


リボンちゃん

.04 2012 パッケージデザイン・食品 comment(0) trackback(0)
ribon1g.jpg

SAPPOROリボンオレンジのキャラクター、リボンちゃん。
リボンちゃんは、昭和32年生まれ。
物心ついた頃から、リボンちゃは当たり前のようにそこにいました。
50年代的シンプルモダンなグラフィックに、
ツンとすました横顔がクールです。

この初代リボンちゃんのグラスとは、
数年前、バザーで出会いました。(箱入りデッドストック)
最後まで売れ残っていたらしく、廃棄寸前のものを
一箱(3個入)を50円で、3箱購入。
9個もいらなかったのだけれど、捨てられるのはかわいそうなので。


box.jpg
箱がまたクールです。
紙質、印刷、ロゴタイプ、申しぶんありません。


napo.jpg
近年、リニューアルされたリボンちゃんと、犬のシトロン。CG加工が残念…。
月日を経て、リボンちゃんの性格もすっかり丸くなってしまったようです。

リボンちゃんの苦手なものは、
ピーマンとカマキリなんですって。(どうでもいい情報)


ribon.jpg
最近イベント会場でよく見かける
リボンちゃんの着ぐるみに関してはノーコメントで。



ボールペンでイラスト

.02 2012 comment(0) trackback(0)
ball1.jpg
ボールペンを使った、とても手軽なイラストの描き方帖です。
 
がなはようこさんのイラストは可愛いけれど、ファンシーな感じではなく
例えばコブスタインやバーニンガムなどの
海外の絵本作家を思い起こさせます。

ball2.jpg
描き方も図案も多数掲載されているので、絵に自信のない人でも大丈夫。

ball3.jpg
文章にちょっとイラストを添えたいとか、
レシピやマップをわかりやすく描きとめたい時など参考になりますよ。

pen2.jpg
消しゴムで消せるボールペンで立体的な表現。

pen1.jpg
洗濯に強い、布用のボールペンで直接布に。まるで刺繍のようです。


アイデアがいっぱいで、すぐにでもイラストを描いてみたくなります。
多少、線がヨレヨレで形がくずれても、
ボールペンだと、かえって良い味になるんですよね。


 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。