スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンホーテン・チェブラーシカ缶

.28 2012 パッケージデザイン・食品 comment(2) trackback(0)
chebu2IMGP0179.jpg

家にココアの在庫がたっぷりあるので、
冬の間は無視し続けてきたバンホーテン・チェブラーシカ缶。
ここにきて、可愛さに抵抗できず買ってしまいました。
パッケージの及ぼす経済効果って凄い!

最近出没している「白チェブラーシカ」は私としてはNG。



↓フタが特に好き。欲を言えば文字はロシア語に。
chebuIMGP0136.jpg


スポンサーサイト

寺田順三・イラスト

.26 2012 文房具 comment(0) trackback(0)
terIMGP0086.jpg

書店で思わず目がくぎ付けになってしまった寺田順三さんのイラストレーション。
これ、本でもノートでもなく付箋なんです。(A5サイズ)

広告はもちろん、書籍、雑貨、テレビ…
いろいろな機会で目にする事の多い寺田さんの作品ですが、
よく知られているのは、小川洋子著「ミーナの行進」のイラストでしょうか。

コピー機での複写とパソコンでの作業を繰り返し、
版画のように色を重ねて行く事で
このノスタルジックで、かつ新しい作風が生まれます。

アナログのようなデジタルのような…作品も、そこが魅力です。
    

    30点ほどの美しい挿絵も              
    2mina.jpg


north marine drive

.25 2012 風景 comment(3) trackback(0)

kamoIMGP0124.jpg


toudaiIMGP0128.jpg 石狩灯台 
 


koyaIMGP0125.jpg


ben.jpg
north marine drive/ben watt

今年初の石狩浜。
ベンワットのCD、持って来ればよかった。

帰り道、至近距離で野生のフクロウを目撃するも、
シャッターチャンス逃す…


ロイズ ブルターニュフェア

.23 2012 パッケージデザイン・食品 comment(0) trackback(0)
royceIMGP0081.jpg

味はたしかなものの、パッケージがちょっと…な事が多いロイズですが、
このシリーズはなかなか素敵です。
ブルターニュ地方の陶器、カンペール焼きをイメージしたのだそう。
ヨーロッパの絵本や刺繍図案のようにも見えます。




roy2IMGP0083.jpg

写真はカトルカール(キャラメル)。煮りんごとくるみ入り。
キャラメルの風味が濃厚でコーヒーにぴったりです。

このシリーズ、他にはゲランドの塩を使用したマカロンやガトーブルトン
ブルターニュの旗をモチーフにしたショコラなども。
パッケージデザインもそれぞれ微妙に違い、迷ってしまいます。

期間限定、5月15日まで。


ゲド戦記歌集

.22 2012 映画・音楽 comment(0) trackback(0)
gedo.jpg

これは映画「ゲド戦記」のサントラではなく、
あくまでも手嶌葵の歌集です。


ネイティブ並みの発音でjazzのスタンダードナンバーも
軽く歌いこなしてしまう手嶌さんですが、
やはり原点のこの作品が素晴らしい。(実は映画は観ていない)
聴く側も緊張してしまうような、ストイックな歌声に魅了されます。
作曲は1曲をのぞき、谷山浩子さんが担当。
まさに天空の世界です。
俗世を離れたい気分の時におすすめ。


いろいろなタイプの曲を聴きたい人はこちら
bjue.jpg
「コレクション・ブルー/手嶌葵」

クイン・ビー・ガーデン

.20 2012 パッケージデザイン・食品 comment(0) trackback(0)
hachiRIMG0017.jpg

「QUEEN BEE GARDEN」なんて
デレク・ジャーマンの映画タイトルみたいなので
枯れた庭で撮影してみました。

蜂の巣をイメージした六角形のラベルに、女王蜂のトレードマーク。
ラベル同様、すっきりしたクセのない味でいくらでも食べられそう。

透明度が高い、ウォーターホワイトグレードにもかかわらず
500円そこそこの価格もえらいと思います。

カナダ産、クローバーはちみつ。


マリー・アントワネット サントラ

.18 2012 映画・音楽 comment(0) trackback(0)
RIMG0012.jpg

パンク・ロックとロココの組み合わせは、
いかにもソフィア好みという感じ。
ソフィアコッポラの場合、
脚本の段階でシーンに合った音楽を決めていき、
音楽から映像のイメージをを作っていくそうです。

このサントラは、
U.Kパンク(ニューウェーブ)主体のポップなピンク盤と
エレクトロニカ中心の、静かで幻想的なホワイト盤の2枚組。

ニューオーダー、キュアーなどの懐かしい曲から、
レディオデプト、ストロークス、エール(ソフィアの映画の常連)
ラモー、スカルラッティなどの宮廷音楽まで
幅広く飽きさせません。

ミッフィー キッチンクリップ

.17 2012 雑貨 comment(0) trackback(0)
RIMG0009.jpg

最近は、ブルーナの意図を無視したミッフィーグッズが
多く出回っていて嘆かわしいです。
(ミッフィーにパステルカラーとか、ありえない)

このキッチンクリップは、ちゃんとブル-ナカラーです。
左右対称のデザインもミッフィーらしいし、
小さくてとてもかわいい。

今、「午後の紅茶 おいしい無糖500ml」に付いています。(全6種)
どこのお店でもライオン不足なのはなぜ?



チチヤスヨーグルト

.15 2012 パッケージデザイン・食品 comment(0) trackback(0)
RIMG0008.jpg

乳白色の容器に赤いふた。
そして何といっても、キャラクターのチー坊がかわいい。
(かなり好みのキャラクター)
北海道ではあまり見かけませんが、
日本初のヨーグルトはチチヤスらしい。
甘みも酸味も強く、懐かしい味です。

ちなみに、チー坊は昭和28年生まれ。

メゾン ロミ・ユニ

.14 2012 パッケージデザイン・食品 comment(0) trackback(0)
RIMG0002.jpg

このおうちのパッケージ、写真ではわかりずらいけれど
ディティールにとてもこだわっています。
紙質がざらっとしていて、まるで漆喰壁のようです。
赤い紐の細さや質感も、こも家にぴったり。
繊細なパッケージが、
ロミさんのお菓子が丁寧に作られている事を
物語っているようです。


RIMG0005.jpg


中はこんな感じで、焼き菓子がびっしり。


パンズ・ラビリンス

.13 2012 映画・音楽 comment(0) trackback(0)
パンズ ラビリンス

不思議の国のアリスにふりかかる災難もなかなかのものですが、
この映画のヒロイン、オフェリアも
そのてんにおいては負けてはいません。

物語は、現実と幻想(?)が同時進行して行きます。

現実の世界では、悪魔のような軍人の継父の存在におびえ、
幻想の世界でも、過酷な試練を強いられ追い詰められるオフェリア。
(継父も怖いけど、「幻想」側の住人達の容姿も相当怖い)

オフェリアが、悪夢の果てにたどりついた場所とは…。

Rー12なので、要注意。


バファリン

.12 2012 雑貨 comment(0) trackback(0)
バファリン

バファリンの箱のブルーやロゴが、スタイリッシュで好みだったので
ピルケースのオマケには軽く興奮しましたが、
このバファリスのストラップは正直いらないな、と。
(ネーミングにも無理あるし)
でも錠剤型のポシェットを大事そうにしている様子や、
人に全然なつかなそうな目を見ているうちに、
だんだん愛おしく思えるようになってきました。

実はこのバファリス、本が出版されるほどの著名人(リス

サンタ・サングレ

.10 2012 映画・音楽 comment(0) trackback(0)
san.jpg

映画の方は、かなり前に観たきりですが 
このサントラは、ずっと聴き続けています。

カルトムビーの巨匠、ポドロフスキー監督の作品の中では最もノーマル。
とはいえ、残酷で壮絶な血まみれのストーリー。
そのグロテスクで美しい映像に、三拍子の物悲しいメロディーが重なって
より切なさが高まります。

アコーディオン、手回しオルガン、スパニッシュギター…
サーカスや大道芸人の奏でる音楽が好きであればぜひ。


ペンギン ボックス

.09 2012 雑貨 comment(0) trackback(0)
120409.jpg

ペンギンブックの表紙がポストカードに。
BOOK型のBOXに100枚収納されています。
マットで上質。
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。