スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年のキジ

.09 2014 その他 comment(2) trackback(-)
IMGP0005k2.jpg

今季はキジを見かけなかったので、
何か事情があったのかと思いましたが
ちゃんと家の庭に来ていました。ちょっと安心。




IMGP0004k.jpg

こちらをチラ見。




kiji2014.jpg

若干太り気味か?




スポンサーサイト

アートアクアリウム展

.12 2013 その他 comment(0) trackback(-)
サッポロファクトリーで、
「アートアクアリウム展」〜札幌・金魚の灯〜を、
堪能してきました。

IMGP4858r.jpg



IMGP4832k.jpg

暗闇に浮かび上がる水槽、極彩色の金魚



IMGP4836g.jpg

万華鏡が作り出すサイケデリックな世界



IMGP4835d.jpg



IMGP4870rr.jpg




IMGP4861i.jpg



IMGP48392.jpg

まるで水墨画のアニメーション



IMGP48451.jpg

ファクトリー特有の、むき出しの天井や太いパイプ、
BGMは、硬質なビートのエレクトリック・ダンスミュージック。
そこに和の趣が相まって、
久しぶりにサイバーパンクという言葉を思い出しました。
ブレードランナーか…?



IMGP4840v.jpg

圧巻は、巨大金魚鉢と整然と並んだ提灯の共演。



IMGP4875b.jpg



IMGP4876b.jpg




y.jpg




IMGP48822.jpg

しばし夢の中にいるような気分でした。



☆フラッシュを使用しない限り、写真撮影は許されています。


rain

.28 2013 その他 comment(0) trackback(-)
雑用に追われて、あっという間に毎日が過ぎて行きます。
やりたい事はたくさんあるのに、気力と体力がついていきません。

気付いたらファイターズも6連敗…。外は雨。


そんな物悲しい気分にぴったりなゲームです。



「rain レイン」PS3今秋発売予定。

雨音。
ドビュッシーの「月の光」。
幻想的な古い街並みをさまよう、透明な少年少女。
見知らぬ街で迷子になってしまった時のような、不安とわくわく感…。

美しくも切ない映像と音楽は、古いヨーロッパの映画のようです。
ちょっと怖いけれど、この世界に迷い込んでみたい。
少年と少女の行く末が、気になって仕方ありません。

重ね重ね残念なのは、自分がPS3ゲーム機本体を持っていない事。





せめて甘いものに逃避ということで、

IMGP4262bbd.jpg

「Aube Le Coeur」オーブ・ル・クールのケーキです。
(札幌市豊平区中の島)

道産素材使用、野菜のケーキがメインのケーキ店。
写真は、ジャガイモのミルクレープ、梅ゼリー、かぼちゃモンブラン。
(かぼちゃモンブランは持ち運び中に変形)
甘さひかえめ、優しい風味ですよ。

ケーキの素材が野菜というだけで、
罪悪感が軽減する気がしませんか。


no title

.23 2013 その他 comment(0) trackback(-)
IMGm2P0287.jpg

諸事情あって、少しの間ブログをお休みします。

といっても、10日後くらいには復帰できると思いますので、
その際はまたよろしくお願いします。


写真のミシンは7〜8年前に、ペコちゃんの人形と引き換えに手に入れました。
MADE IN OCCUPIED JAPAN(占領下の日本製)。
まだまだ現役。普通に使えます。
でも私がいつも使っているのは、「山崎範夫の電動ミシン」←優秀
なので、足踏みミシンはただの飾り物になっています。



太りすぎ

.29 2012 その他 comment(2) trackback(-)
年中、小鳥たちで賑わう我が家の庭。
今朝何気なく窓の外を見ると、


IMGPkijiM1.jpg
 
…絶句。
にわとり並の大きさの鳥が、つるバラの枝に乗っかっています。
枝が折れそうなんですけど。


IMGPkijiM2.jpg

二階から見下ろして撮影。
どうやらキジの雌のようです。(雄に比べて地味)

いくらなんでも太りすぎなのでは…。
大人の猫くらいあります。
(猫より人見知りしません)

調べてみたら、
北海道のキジは大陸からやって来た高麗雉子という種類で、
本州以南の、いわゆる日本のキジ(国鳥)とは別物らしい。
首が短く、ずんぐりした体型です。


IMGPkijiM3.jpg

バラのトゲが刺さらないか心配。

今年はどうしてこんなにキジが来るのか疑問です。






IMGPfrosh.jpg

今、フロッシュ(Frosch)を買うと、
オリジナルクリアシールが付いてきます。

花やカニはいらないから、
トレードマークのカエルのシールを増やして欲しいですね。

フクロウとミミズク

.16 2012 その他 comment(0) trackback(-)
札幌円山動物園在住の、ワシミミズクのフクちゃんの存在を知ってから、
何かとフクロウを贔屓にしています。

duo1m.jpg

「デュオ・ミティーク」フランスワインです。
ラベルにフクロウという理由だけで購入。

duo2m.jpg

この表情…。

フクロウは知性のシンボルとして、
書店や書籍のマークに使われているのをよく見かけますが、
実際、そんなに賢いようには思えないんですけど。どうなんでしょう。


duo3mow.jpg

窓ガラスに貼れるジェルシール付き。
スタンプとしても使えそうです。


フクロウとミミズク、どちらもフクロウ科で、
一般的に羽角(耳)が付いている種がミミズクとよばれます。
でも例外もあるようで、いまひとつ明確な区別がわかりません。
ワシミミズクでフクちゃんという名前も混乱しますよね。(どうでもいいですか?)


maruyamazoo1.jpg

円山動物園みやげの、シロフクロウのぬいぐるみです。
こんな無表情で無愛想なぬいぐるみは、なかなか無いのでは。

(円山動物園のHPのシロフクロウの画像!目つきが…)



ミミズクの生態を描いた絵本といえば、

mimizukucat.jpg

プロベンセン夫妻の「みみずくと3びきのこねこ」かえでがおか農場シリーズ。
実際に、プロベンセン夫妻が農場で暮らし、動物たちと生活する中で生まれた絵本です。

農場で育った赤ちゃんのみみずくが野生に帰るまで。
そして、こねこ達の成長する姿が、可愛くリアルに描かれています。

大人も子供も楽しめる絵本ですよ。


姫りんごとPENTAX Q

.06 2012 その他 comment(0) trackback(-)
hmrng0.jpg

直径3~4cmの姫りんごをもらいましたが、
小さくて、どうして良いかわからなかったので
とりあえず写真を撮ってみました。


hmrng1.jpg

この姫りんご、なかなかのフォトジェニック。
どんな場所で撮ってもさまになります。


hmrngout.jpg




小さい物好きな私が、普段愛用しているカメラはPENTAX Q ↓ (カメラ界の姫りんご?)
petax.jpg
(上部のズームファインダーは別売りです。walz社製)


新しくなったPENTAX Q10 ↓
pentaxq10bl

本体のカラーバリエーションが100種類って!
ニューモデルは、グリップの曲線部分が手になじみやすそうですね。
でも、デザインは旧モデルの方が断然好みです。


PENTAX Q10のTVCMで、向井理さんが懐に装着している、
皮製のレンズホルダーが羨ましくてたまりません。

pentaxq10bag.jpg
このレンズホルダーです。

(あのCMのすべてがスタジオセットだったとは…海外ロケかと思った)


HDRフィルターをかけてみました。↓ 
hmrngH2.jpg


姫りんご、りんご飴にしてみようかな。


Apple

.09 2012 その他 comment(2) trackback(-)
ap1.jpg

数年前に、もらった林檎の木の苗を、庭の片隅になんとなく植えたら、
歳月を経て毎年実をつけるようになりました。(20個ぐらい)
まったくかまっていないのに、放ったらかしでもちゃんと育つんですね。


ap2.jpg

セザンヌの静物画を思い出します。
硬くておいしくなさそうですが、まずくて食べられないほどではありません。
味はぼんやりしていて、ジャムやお菓子作りには向かない感じ。
生で食べるしかないのかなぁ。


アップルと言えばビートルズ。ちょうど今月で、デビュー50周年だそうです。
それを記念してかどうかはわかりませんが、
今日、BSプレミアムで、
「ジョンレノンの魂~アーティストへの脱皮 苦悩の時代」という
再現ドラマが放送されていました。

ポールマッカートニー役の俳優、どこかで見た事あると思ったら…
 ↓
Plennon.jpg

海外ドラマ「SHERLOCK」(BBC)のモリアーティ!アンドリュースコット。
(モリアーティ役、憎たらしかったなぁ。最高でした)
そういえばちょっとポールに似ているような気も…。



ミント

.13 2012 その他 comment(2) trackback(0)
mintoh.jpg

今日、15年間飼っていた亀のミントが死んだので、庭のミントを生けました。

最初は体長5cmほどでしたが、あっという間に大きくなって、
このまま成長し続ければ、そのうち甲羅に乗れるのではと期待。
(当然そんな事はなく20cm止まり)
今頃は安らかに、ライラックの木の下で眠っているはず。

空っぽになった大きな水槽と、大量に残ってしまった亀のエサをどうしよう。


mint.jpgmint2.jpg
ありし日のミント。凶暴だけど女の子。



kame.jpg 「亀は意外と速く泳ぐ」

万年、生きられなかったミントにこの映画を捧げます。



 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。