スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロイズの庭ふたたび

.08 2013 お店 comment(2) trackback(-)
バラの開花時を見計らって、再びロイズの庭を訪ねました。

IMGP4149rgr.jpg


2週間前に行った時は緑に覆われていた庭も、色とりどりに。
バラもそれ以外の花も、真っ盛りでした。

IMGP4134ror.jpg


IMGP4127rg1r.jpg


それほど広いというわけではないけれど、
とても雰囲気のある庭なんですよ。



IMGP4135rtu.jpg

すいこまれそうです。物語に出てくる風景みたい。


IMGP4141rka.jpg

前を歩いているのはカモの二人。


IMGP4151rgyr.jpg

ワイルドでありながら秩序のある庭なんです。
植物が、好き放題にのびのび育っているように見えるけど、
陰ですごく手をかけているんだろうなぁ。

枯れた庭も好きなので、夏の終わりにまた見に行こうと思います。


※ロイズチョコレートあいの里公園店、店舗向かい本社の庭。



スポンサーサイト

ロイズの庭・チョコレートマシーン

.24 2013 お店 comment(2) trackback(0)
IMGP4047rg12.jpg

ロイズ(あいの里公園店)に買い物に行ったついでに、
ショップ向かいの、本社の庭を見せてもらいました。
(誰でも無料で見る事ができます)


IMGP4049rgb.jpg

適度にワイルドでナチュラルな雰囲気が、
英国のガーデンのようです。


IMGP4055rs2.jpg

IMGP4056fl.jpg

錆びた鉄柵や、ひかえめに咲く花々が可愛い。


IMGP4051bell2.jpg

IMGP4058lav.jpg

IMGP4048g.jpg

バラにはまだちょっと早いかな。


IMGP4057.jpg







そして玄関前に、どっしり構えるこれらのマシーン達。

IMGP4060cm.jpg

巨大なこれは、カカオ豆ロースター。
かっこいー。ドイツっぽい!と思ったら、やはりドイツ製でした。


IMGP4070h.jpg

こちらは、板チョコを包装する機械。


IMGP4064cm2.jpg

針の計器類に弱いです。
(家のアンプも、いまだに針のメーターです)

庭もとっても素敵ですが、
「工場萌え」な人にもおすすめですよ。



サカナ

.30 2013 お店 comment(2) trackback(-)
今年のゴールデンウィークは、本当に寒いです。
ストーブ必須。あさっては雪まじりという予報…。


IMGP3758if.jpg

少し前になりますが、サーモンファクトリーに行った帰りに、
ちょっと遠回りして石狩新港に寄ってみました。

大好きなクレーンやコンテナ、タンクを見ながら、
サーモンファクトリーの巨大おむすびと、温かいほうじ茶(家から持参)で昼食。
そして音楽。至福のひと時です。



sakana1i.jpg

BGMはサカナクション。
「曇天の埠頭に合うわー」って思いながら聴いていました。
当然、小樽の海にも合いますよ。


IMGP3763fu.jpg

それにしてもこの風景。秋?
これから冬に向かうみたい。



サーモンファクトリーの話題に戻りますが…、
建物の前にある、作り物の大きな鮭とカニ(左にちらっと見えます)。
この前で、よく観光客が写真を撮っているんですよね。

IMGP2518sar.jpg

私は地元民なので記念撮影はしませんが、
人がいない時に、ちょっとだけ鮭にまたがってみたいという願望はあります。
(絶対しないですけどね。当たり前)


IMGP3784senbei.jpg

サーモンファクトリーにはもちろん鮭を買う目的で行きますが、
ついでにこれも必ず購入します。
「佐藤水産の 醤油せんべい(鮭醤油入り)」
これ、一度食べ出したら止まりません。
無添加で自然な味。おいしいですよ。




ファクトリーに併設する展望台の名前。

ariga.jpg

親父ギャグ…。
この行灯は見なかった事に。



テングー at コニファー

.01 2012 お店 comment(2) trackback(-)
IMGP1130coAJPG.jpg

久しぶりに友人と「コニファー」さんで食事をしてきました。

アートな部分と可愛さと、遊び心のバランスが丁度良くて落ち着きます。
居心地良くて、ついつい長居。

もちろん料理もコーヒーも、とっても美味しいですよ。


IMGP1130coT.jpg

カウンターでは、テングーが迎えてくれます。
(撮影許可をいただきました)
テングーに会えただけでも来たかいがあります。

この日は店内にドリフターズの「誰かさんと誰かさん」が流れていました。
前回来た時は、確かルー・リードがかかっていたはず。
(なんという幅の広い選曲!)

ルー・リードもドリフも違和感なく溶け込んでしまう空間。素晴らしい。
ソニック・ユースも絶対似合うと思います。


IMGP1130coP.jpg

店内、いたるところに萌えポイントが。
以前から可愛いと思っていたノムさん似のパンダ。(横の筒状の物は何?)

IMGP1123coO.jpg

入口のディスプレイにも、心を奪われます。

IMGP1130coS.jpg

スーベニアちっくな、いかにもスウェーデンなお皿。
色も絵柄も、自分好み過ぎて参りました。


IMGP1130coE.jpg

お土産に店名(コニファー=針葉樹)の形のチーズサブレを買いました。
これがまた美味しいんです。
買いそびれたパウンドケーキも食べてみたかったです。
(前のお客さんが大量買い)


IMGP1130coSW.jpg

「conifer」
札幌市東区北30条東9丁目1-27 木休


サッポロファクトリー・巨大ツリー

.14 2012 お店 comment(2) trackback(-)
factoryT1.jpg

毎年恒例の、サッポロファクトリーの巨大ツリー。
雨天の昼間ということで、寂しげな佇まいです。
それもまたいいんですけどね。

このツリーのデコレーション、よく見るとカラーボールが、
上のパープルから下の赤まで虹色のグラデーションになっているんです。
その他のオーナメントは星の1種類だけと、シンプル。

(夜はイルミネーションをまとい、華やかに変貌します)


factory22.jpg

アトリウム、階段状のポインセチアがとても鮮やかなのですが、
あいにくの天候のせいで、画像が暗すぎ。


factoryTP.jpg

ツリーを眺めながら、肉まんを食べました。
(アトリウムにある「星華楼」の肉まん、大好物です。特に醤油味)


フーズバラエティ・すぎはら

.23 2012 お店 comment(0) trackback(-)
私にとってのスーパー、「フーズバラエティ すぎはら」。
お店の外観からは想像もつかないディープな品揃えが魅力です。

ここで初めて出会った食材がたくさんあります。

dricutfig1.jpg

「Dry Cut Fig」乾燥白いちじくもそのひとつ。
白いちじくといえばトルコ産スミルナ種。
無添加・無漂白なので、消毒臭もありません。


drycutfig3.jpg

と、いうことです。一度食べだすと、もう止まらない。


drycutfig2.jpg

細かくカットされているので、ヨーグルトやシリアルのトッピングにも。
また、焼き菓子の生地に混ぜても良さそうです。



好奇心をくすぐられる食材に必ず出会えます。
むやみやたらと買いすぎに注意(自分)。

sugihara1.jpg

「フーズバラエティ・すぎはら」
札幌市中央区宮の森1条9丁目3-13 日休



ARTLACZE

.09 2012 お店 comment(0) trackback(-)
artl1989.jpg

背の高い木立を通り抜けた先に、広がるファーム。その敷地内に、
ジェラートとスイーツのお店、「ARTLACZE・アルトラーチェ」があります。


テレビでも何度も紹介され、混雑が予想される人気店ですが、
私が行く時はいつもこんな感じ。

artl21995.jpg

人も少なく、静かで気持ちいい。
スタイリッシュな店内でも食べる事はできますが、
木陰で食べるジェラートは格別においしいです。



AgardenJPG.jpg

ジェラートとスイーツ(プリン、シュークリーム、焼き菓子等)の他、
少しですが、グリーンとガーデングッズも扱っています。


artlaczeB.jpg

ファームで収穫されたばかりの、新鮮な野菜も買ってきました。
ズッキーニ大きい。測ってみたら30cmもありましたよ。
(うっかり写ってしまったハチミツは売っていません)


☆北広島市西の里798-5 Farm SALLUZA

(看板がおしゃれすぎてわかりづらいです)


ニセコ 森のカフェフェス

.30 2012 お店 comment(0) trackback(-)
moricafe1.jpg
6月の北海道とは思えない暑さの中、
ニセコで開催された、「森のカフェフェス」に行ってきました。
カフェと音楽のお祭りです。52のお店と9組のアーティスト。

moricafe2.jpg
とにかく、森なんです。
駐車場から会場までの道のりは、ちょっとした登山遠足です。

moricafe3.jpg
なかなかたどり着きません。炎天下。

moricafe4.jpg
まだ森の中です。
膝がガクガクします。そろそろ脇腹が痛いです。

youtei.jpg
やっと会場に着きました。遠くに見えるのは羊蹄山。

私の場合、このイベントの一番の目的は、
原田知世さんと、sleepy.ab(成山内)のLIVEを観る事。

知世さん。容姿も歌声も透き通るように美しく、
とても人間とは思えませんでした。
多分、妖精さんなんだと思います。

もちろん、sleepy.abも良かったですよ。
灼熱の会場で、体感温度を5度ぐらい下げてくれました。
彼らの眠りの魔法にかかったのか、
となりのシートの人が爆睡していました。


moricafe6.jpg
カフェとマルシェのエリアは予想通りの混雑。長蛇の列。
カフェの出店が、もっと多ければいいのに。
すぐに売り切れてしまったパン屋さんもあり、残念。

MORIHIKOさんのお店から、
コーヒーのとても良い香りがしてクラクラしましたが、
せっかくニセコに来たので、地元の高野珈琲店の
コーヒーとスコーンをいただきました。

あとは、目当ての「豆灯」のコーヒー豆と、
「sanchos」のジャムを買って帰路に着きました。

moricafe7.jpg
帰りの駐車場への案内板が無く、
道に迷い、危うくゴルフ場を一周するところでした。
(私だけではないはず)


菓子工房 あん

.20 2012 お店 comment(0) trackback(-)
an.jpg

季節のタルトとフランス古典菓子のお店です。
一般住宅に紛れて、わかりづらい感じで営業していますが、
マニアックな、こだわりのケーキ店。
お菓子はどれも茶系で素朴な見た目ながら、
家庭では絶対真似のできない味なのです。


右は「ガトー・バスク」。バスク地方の伝統的なケーキです。
中は、カスタードクリームがたっぷり。

左の亀の甲羅のようなパイケーキは「コンベルサシオン」
フランス語で「会話」という意味だそうです。
中は洋梨とクレームダマンド。
甲羅みたい部分はどうやって作っているんだろう。

どれも手のかかっているお菓子ばかりなのに、
すべて、女性のシェフ一人で作っているのにも驚きます。
個人的に札幌でNo.1のケーキ店。


「菓子工房 あん」
札幌市北区新琴似11条9丁目3-2 月火水・休み
(全国発送有り)


Plantation

.11 2012 お店 comment(0) trackback(0)
kuruma.jpg
カフェとは思えない倉庫のような殺風景な建物に入ると、
突然、目の醒めるようなオレンジ色のシトロエン。
森彦4号店「プランテーション」の入口です。

sept.jpg
ディスプレイも、いちいちかっこいい。

pltennai.jpg
大きな焙煎機から伸びる太いパイプ。
剥き出しの赤茶色の鉄骨。
店内はインダストリアルな雰囲気に溢れています。

音楽はjazzが流れていましたが、
この空間ならアンビエントミュージックか
シューゲイザーでお願いしたいところです。

コーヒーがおいしい事は、言うまでもありません。

plate.jpg
「Plantation」札幌市白石区菊水8条2丁目1-32


 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。